>  > 誰もいないからこそでしたね

誰もいないからこそでしたね

就職を機に今の会社のあるエリアまで出てきました。はっきり言って縁もゆかりもない場所なだけに、仕事そのものはそこまで辛くはないんですけど休みの日に何もすることがない方が辛いですね。友達と愚痴ったりとか、他愛のないことで大笑いしたりとか大学時代には当たり前だったことが出来なくなってしまったことが痛いなと。だからそういったものはすべて風俗で発散するようになりました。社会人になって誰も話し相手がいない。家に帰っても一人。その一方では大学時代のアルバイト代よりも良いお金がある…。答えは一つでしたよね(笑)それで風俗まで行ってきたんですけど、良い意味で想像以上でした。ここまでいろんなことを話せるんだなって。そして話てから抜いてもらえるので、まるで恋人同士なんじゃないかと錯覚させられますよ。優しくこちらを包んでくれた上で最後は性的にも満足させてくれるんです。しかも都合よく利用出来るので、風俗にのめり込んでいます。

時間は自分の中で決めているんです

何分のコースで楽しむのかは、風俗を楽しむ上で意外と大切になってくると思うんですよね。やっぱり時間の長短によって何をすべきなのかも変わってくると思うんですよ。だからこそ、コース選びに関しては毎回真剣に考えてはいるんですけど、自分の中でのベストは60分かなと。もう少し長くてもいいですかね(笑)ただ80分や90分だとちょっと長いというか、予算的な問題もあるじゃないですか。だから60分がいい感じですね。もしもですけど、それで短いって感じるくらい夢中になれる相手であれば、次はもっと長時間って形にしています。初めてだといきなり長時間にしても、合うか合わないか分からないじゃないですか。大丈夫だろうって思って長時間にして、何となく気まずい空気が流れてしまうのもそれはそれで何だかもったいないじゃないですか(苦笑)それよりは、やっぱり普通に楽しみたいなって気持ちもあるので風俗では基本的には60分がいいのかなって。

[ 2017-06-14 ]

カテゴリ: 風俗体験談